iTunesコードによる携帯決済現金化の方法

MENU

クレジットカード現金化のようにすぐに資金調達できる携帯決済現金化

携帯決済を現金化する資金調達方法

 

今すぐにお金が必要となった場合に短時間でお金を工面することができる方法というのは限られています。

 

消費者金融や銀行のカードローンによって資金調達をすることも可能ですが、必ずしも誰もが借り入れをできるというわけではありません。

 

そのため以前からクレジットカードで買い物をした商品を換金する「クレジットカードのショッピング枠現金化」というビジネスがありますが、クレジットカードの利用残高がある方しか利用することはできないサービスとなります。

 

このクレジットカード現金化はクレジットカード所有者だけに限られたサービスですが、クレジットカード不要となる資金調達方法として携帯電話のキャリア決済を使用する現金化方法が誰でも手軽にお金を工面することができる方法として活用されているのです。

 

携帯電話のキャリア決済はクレジットカードを発行する際の審査はなく、携帯キャリアとの契約さえできれば誰にでも利用することができる決済サービスとなります。

 

そのためたとえブラックリストの方でも債務整理中の方でもスマホ所有者であればお金を工面することができるのです。

 

基本的には携帯決済現金化というのはクレジットカード現金化同様、携帯決済で買い物をした商品を換金する現金化方法となります。

 

ではどのような商品を携帯決済で購入するのかといいますと、最も多く現金化されているのがAmazonギフト券のEメールタイプなのです。

 

携帯決済によるamazonギフト券購入は

  • WebMoney PINCOM
  • Amazonサイト

といったオンライン決済でEメールタイプのギフト券を購入されていました。

 

ところが現在ではどちらのサイトでも携帯決済によるamazonギフト券の販売が中止されたのです。

 

この影響によって携帯決済現金化のユーザーは大幅に減少したことは間違いありません。

 

ただ携帯決済現金化が不可能になったわけではなく、これまでのようにamazonギフト券の購入ができなくなっただけなのです。

 

ではAmazonギフト券以外の携帯決済現金化とはどうような方法でできるのでしょうか?

 


amazonギフト券と同じように簡単に購入することができるiTunesコード

携帯決済現金化されるiTunesコード

 

これまでの携帯決済現金化でamazonギフト券が利用されていた理由として、

  • 換金性の高いギフト券
  • 携帯決済での購入が可能
  • Eメールタイプの送受信にて取引が可能

 

といったような点が携帯決済現金化に最適な商品として利用されていました。

 

しかしamazonギフト券が携帯決済で購入できなくなってしまった現在、amazonギフト券ともっとも近い特徴のあるモノが携帯決済現金化に適した商品といえるでしょう。

 

いくつかのamazonギフト券のような電子マネーを検証しましたが、amazonギフト券に劣らない現金化するための電子マネーというのはなく何かを妥協しなければならないことがわかりました。

 

まずこの携帯決済の現金化において欠かすことができないのが「携帯決済での購入が可能」という点が重要といえるでしょう。

 

amazonギフト券のように換金性の高い電子マネーとして楽天市場で買い物ができる楽天ポイントギフトという電子マネーがありますが、携帯決済では購入することはできず現金のみの購入となりますので現金化には不向きとなります。

 

その次にオンライン決済での購入ができるものとしてamazonギフト券と比較すると換金率は落ちますがiTunesコードが現金化するために適しているといえるでしょう。

 

以前からamazonギフト券を購入できない携帯キャリアとなるソフトバンクのまとめて支払いでの現金化方法としてもiTunesコードが利用されており、今後はamazonギフト券に代わる電子マネーとしてiTunesコードによって携帯決済現金化は行われていくことは間違いありません。

 

ではiTunesコードによる携帯決済の現金化とはどのような手順で行われているのでしょうか?


iTunesコードを換金する携帯決済の現金化方法

iTunesコードによる携帯決済現金化

 

2017年10月頃までは携帯キャリア決済の現金化といえば「PINCOMで購入できるamazonギフト券の換金」が半数以上の現金化方法となっていました。
その後、現金化目的によるamazonギフト券の購入の影響によってPINCOMではamazonギフト券の販売が中止され、Amazonサイトでも同様に携帯決済によるギフト券の購入ができなくなったのです。

 

そんなamazonギフト券の代用品となるのがiTunesコードなのですが、どのように携帯決済で購入し現金化するのでしょうか?

 

以前はソフトバンクの公式ホームページで携帯決済によってamazonギフト券が購入できましたが、開始からまもなくして一時メンテナンスとなりそのまま再開されることはありませんでした。
そもそもiTunesコードというのはiPhoneやiPadといった現在のスマホやタブレット端末の主力商品となるapple社製の端末で

  • 音楽のダウンロード購入
  • ゲームアプリの課金
  • アプリの購入

といったiPhoneユーザーには必要とされる電子マネーとなります。

 

Appleの公式サイトでもiTunesコードは販売されていますが支払い可能な決済方法は

  • クレジットカード決済
  • 銀行振込
  • コンビニ払い

でしか決済できないため携帯決済では購入することはできません。

 

ではどこで携帯決済によってiTunesコードを購入することができるのかといいますと、各キャリアのオンラインストアでiTunesコードは販売されており携帯決済での購入が可能なのです。

 

したがって各キャリアのサイト内にあるオンラインストア
ドコモオンラインショップ
auオンラインショップ
ソフトバンクオンラインショップ
で購入することができるのです。

 

そして携帯決済の現金化サイト及び電子マネー買取サイトでiTunesコードを現金化することができます。

 

このiTunesコードでの携帯決済現金化はこれまでのamazonギフト券よりも手軽に利用できる資金調達方法として今後は活用されていくのではないでしょうか?


このエントリーをはてなブックマークに追加

携帯キャリア決済現金化の関連ページ

カードでお金上野の現金化業者逮捕のニュースまとめ
東京上野で10年の営業実績を誇る老舗現金化業者が違法な高金利で貸し付けを行ったとして逮捕されたニュースについてまとめました。
アマゾンギフト券の販売を中止したPINCOMの影響
これまで携帯決済現金化といえばPINCOMでアマゾンギフト券を購入し換金する方法が主流でしたが、PINCOMはアマゾンギフト券の販売は中止しました。
バンドルカードならソフトバンクの携帯決済現金化に最適
最近の携帯決済現金化はiTunesカードが主流となりつつありますが、携帯決済でチャージすることが可能なバンドルカードにソフトバンクのまとめて支払いが追加されました。