クレジットカードのショッピング枠現金化との違い

携帯キャリア決済の返済方法についてまとめてみた

更新日:

保険料

クレジットカードで買い物をする際には大抵のお店では支払い方法を

  • 一括払い
  • 分割払い
  • リボ払い

のいずれかから選択し収入の予定などに合わせ支払いの計画をすることができます。

特に高額の商品を購入する際は一括で返済することはあまりなく分割やリボ払いで支払いをする方がほとんどです。

しかし、一括払いを選択すれば金利は発生しないため給料日後にクレジットカードの支払い日となっていれば便利にクレジットカードで支払いができます。

このようにクレジットカードの支払いは用途や利用する金額によって支払い方法を選択することができるためクレジットカード現金化した場合でも計画的に返済をすることが可能です。

携帯電話のキャリア決済の返済方法

携帯電話のキャリア決済はクレジットカードのように後払い方式で買い物することができる利便性の高いサービスです。
クレジットカードとの大きな違いとして挙げられるのが、キャリア決済で買い物をした代金の支払い方法です。
現在の日本国内の3大キャリアと呼ばれている

のいずれも毎月の携帯電話料金の請求に合算され支払うことになります。
そのため一か月に使用することができる利用可能枠は最大で10万円までとなっており一括払いのみとなっています。

例えば携帯決済で現金化サービスを5万円分利用しますと、その翌月の請求に通常の携帯電話料金に加え使用したキャリア決済の5万円分が加算されます。
しかしキャリア決済を使用した翌月となりますのでもう一度キャリア決済を使用することが可能な状態になっています。
もし最初に使用したキャリア決済分の支払いが困難になってしまった時にもう一度キャリア決済で現金化をすることができるのです。
2回目のキャリア決済の支払いを問題なくできればまた必要になった時に携帯決済現金化サービスを利用することができます。

このようなことから一度に利用限度額一杯まで現金化したとしても次回も現金化することができますので支払いを回避することができるのです。
つまり、返済方法は一括払いのみとなりますが、余裕があるときに返済し少しお金が必要になった時に利用することができる便利なサービスといえるでしょう。
しかし、毎月キャリア決済を現金化してしまいますと急にお金が必要になった時に利用できませんので計画的に現金化する必要があります。

-クレジットカードのショッピング枠現金化との違い
-, ,

Copyright© 携帯電話キャリア決済現金化《スマホでお金の換金方法》 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.