クレジットカードのショッピング枠現金化との違い

携帯決済現金化は審査はなく利用できる資金調達サービス

更新日:

クレジットカードの「クレジット」を日本語に訳すと「信用」という意味になります。

つまりクレジットカードは信用を形にしたカードということになります。

クレジットカードを新規発行する際には申し込みをし必ず審査があります。

この審査というのはクレジットカードの所有者となる資格があるかを判断するために行われるもので返済能力や収入面で基準に達していなければ審査には通りません。

従ってクレジットカードは誰もが所有することができるものではなく信用がなければ発行されないものなのです。

その点、携帯電話には特に審査という概念はなく、誰にでも利用できるものです。

携帯電話を購入する際には特に審査はありませんが過去に電話料金の未払いなどの履歴が残っている場合には携帯電話の契約ができないこともあります。

しかし、携帯電話料金というのはガス料金や電気料金と同じように止められてしまえば生活が困難になる必需品ですので未払いのままにしている人はほとんどいないでしょう。

そのため、クレジットカード現金化と違ってほとんどの人が利用することのできるサービスなのです。

大半の方は何年も同じ携帯キャリアと契約を続けている方が一般的です。

そのため、この携帯電話のキャリア決済を現金化するサービスの利用資格というのはクレジットカード現金化とは違い収入や過去の債務履歴などに関係なく利用できる新しい形の資金調達サービスなのです。

クレジットカード現金化を利用するための条件はクレジットカードの所有者でなければなりません。

クレジットカードを所有するためには審査があり、信用がなければ持つことはできません。

クレジットカードを持っていない方はいてもスマートフォンや携帯電話を持っていない方というのは今の時代ではまずいないでしょう。

確かにクレジットカードのショッピング枠を現金化するサービスは消費者金融に代わる新しいスタイルの資金調達方法として脚光を浴びたサービスですが、携帯電話でもできるキャリア決済現金化はさらに利用者の幅の広い利用価値のあるサービスと言えます。

-クレジットカードのショッピング枠現金化との違い
-, ,

Copyright© 携帯電話キャリア決済現金化《スマホでお金の換金方法》 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.