携帯決済現金化の利用金額の支払い方法についてまとめ

MENU

携帯決済現金化で利用した金額はいつ払う?

携帯電話料金の現金化の支払い

携帯電話のキャリア決済はクレジットカードのように後払いで代金を払うことができるサービスです。クレジットカードの場合はクレジットカード発行会社が代金を立て替えますがキャリア決済では携帯電話の各キャリアが立て替えています。

 

従ってキャリア決済を使用して買い物やサービスを利用した料金はキャリアに支払うことになり締日や支払日のスケジュールは異なります。

 

この支払い方法は携帯電話料金と合算して請求されることになりますが支払日は各キャリアごとに異なってきます。

 

ドコモケータイ払い

月末締め翌月末払い

3月に利用した料金の請求

ドコモの料金支払いスケジュール

 

 

auかんたん決済

月末締め翌25日払い

2月に利用した料金の請求

auの料金支払いスケジュール

 

 

ソフトバンクまとめて払い

ソフトバンクでは締日・支払日が3通りあります。
@月末締め翌26日払い

11月に利用した料金の請求

ソフトバンク月末締めの料金支払いスケジュール

 

 

A10日締め翌6日払い

11月10日までに利用した料金の請求

ソフトバンク10日末締めの料金支払いスケジュール

 

 

B20日締め翌16日払い

11月20日までに利用した料金の請求

ソフトバンク20日末締めの料金支払いスケジュール

 

 

Yモバイルまとめて払い

月末締め翌26日払い
ワイモバイルの料金支払いスケジュール

 

 

このように支払いスケジュールはそれぞれ異なっており支払い方法は

  • 請求書払い
  • 口座引き落とし
  • クレジットカード

となっています。口座引き落としでは支払日が土日祝日と重なった場合には翌営業日に引き落としとなります。

 

携帯電話のキャリア決済を現金化利用した分の支払い日は各キャリアによって異なりますがソフトバンクの一部の利用者以外は月末締めとなっています。

 

つまり月末までの料金を支払っていれば翌月の1日にはキャリア決済の利用枠が使用できるようになります。そのためどの携帯決済現金化の業者でも1日は申し込みが殺到することになりますので緊急時以外は1日のご利用は避けた方がよいでしょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加

携帯キャリア決済現金化の関連ページ

スマホでお金を作る最強のメリットを徹底解説!
スマホでお金を作る方法である携帯キャリア決済についてお話します。この方法なら誰でもカンタンに即日現金を手に入れることができますので、お金が無い方、困っている方はぜひご覧ください。
キャリア決済現金化の仕組み
携帯・スマホがあればカンタンにお金を用意することができるキャリア決済現金化の仕組みをお話します。これであなたもいつでもどこでもすぐに現金を作ることができるようになりますよ!
携帯決済現金化を利用するために必要なもの2つをご紹介
携帯決済現金化は携帯料金を現金に換金する方法ですが、携帯だけあれば利用できるというワケではありません。実は利用する前に用意しておかなければならないものがあったのです。携帯決済現金化に必要なもの2つをご紹介します。
携帯料金現金化の手続きはメールで完了できるのか、解説してみた
利便性の高い携帯キャリア決済現金化ですが、実は手続きはすべてメールだけでおこなうことができるのです。今回は携帯キャリア決済現金化の手続きについてまとめてみました。
キャリア決済に関する利用規約
利便性の高い携帯決済現金化ですが、実は各携帯会社の利用規約に違反している行為です。そのため、携帯が利用停止になってしまう可能性があるのです。携帯会社の利用規約と現金化の関連性についてお話します。
携帯決済現金化は違法なの?法律から調査してみた
携帯キャリア決済現金化はとても便利なものです。しかし、その携帯決済現金化が違法じゃないのかという疑問が口コミで語られています。はたして携帯決済現金化は違法なのでしょうか?法律の観点から調査してみました。