スマートフォンだけでは携帯決済現金化は利用できない

MENU

携帯決済現金化を利用するために準備しておくもの

キャリア決済現金化に必要なもの

携帯電話のキャリア決済現金化はスマートフォンさえ所持していれば誰でも簡単に利用することができるサービスとされていますが、本当にスマートフォンだけで現金化することができるのでしょうか?

 

確かに携帯キャリア決済現金化サービスにはクレジットカードのように買い物する機能があるスマートフォンやフューチャーフォンは必要不可欠です。

 

ただそれだけではキャリア決済現金化に申し込みを行い商品を購入することしかできません。

 

ではキャリア決済現金化サービスを利用するためには携帯電話以外に何が必要なのでしょうか?
  • サービスの不正使用防止のための身分証明書
  • 買取代金振込のための銀行口座

 

などを事前に準備しておくとスムーズに手続きを進めることができます。

基本的な手続きはスマートフォンで行いますが買取サービスを利用するためには必要なものもあります。


不正利用防止のため本人確認するための身分証明書

本人確認のための身分証明書

現在営業している携帯電話のキャリア決済現金化サービスはすべてが同じ内容という訳ではありません。
買取価格も異なれば手続きの内容もさまざまです。
携帯決済現金化サービスを利用するユーザーにとって依頼する業者を選ぶ際に買取り価格や手続きの時間などを比較することがあります。

 

それに応えるべく現金化業者もよりユーザーのニーズに合わせたサービスを心掛けています。

 

この携帯決済の現金化というサービスは少なからずお金に関わるサービスという点があります。
消費者金融やノンバンクのような貸金業ではありませんが、お金が必要な方が利用しているサービスです。

 

お金に関係する業種には悪質な業者や詐欺師が絡んでくるのが通説となっています。
ギャンブルや融資・投資などの詐欺事件は毎日のように報道されています。

 

携帯決済現金化もお金を取り扱う業種ということから現金化業者、ユーザーどちらにも「安全性」を求めるのは当然のことです。
そのため買取手続きの前に身分証明書による本人確認の手続きがあります。

 

この本人確認の手続きはチケットショップやリサイクルショップでの古物の買取を行う際にする手続きと同じ内容になっており、買い取った商品が盗難や詐欺などにより不正に入手されたものだった場合、入手元を確認するためにあります。

 

どのような方法で本人確認をするのかといいますとほとんどの現金化業者は店頭買取ではなくインターネットでの手続きを行うことになります。
大半の利用者は携帯電話のカメラ機能を使用して身分証明書を撮影し、その画像をメールに添付して送信する方法で確認手続きを行っています。

 

それ以外の場合ですと携帯電話が不慣れな方はスキャナやデジタルカメラで代用することも可能です。
メールに画像を添付することができない方はFAXにて送信することもできます。

 

この身分証明書による本人確認の手続きはすべての現金化業者の必須項目となっている訳ではありません。
なかには身分証不要という業者もありますがそのような業者は決まって買取価格が低かったり異様に時間がかかったりと粗悪なサービス内容というところが多くありますので利用は避けた方がよいでしょう。

 

健全な営業を心掛けている業者はきちんとした本人確認の手続きはありサービス内容も高いクオリティとなっています。
ユーザーによっては身分証明書を提示することに抵抗があったり手続きが面倒という方もおりますが、安全性や確実性を追求するなら間違いのない業者を選ぶことをおすすめします。


買取代金を受け取るための銀行口座

商品を購入するサイトのアカウント

携帯決済現金化を利用しているユーザーの目的はキャリア決済の利用枠を現金にすることです。
つまりお金が必要な方が一時的に現金を手に入れることができるサービスです。

 

街中にあるチケットショップで不要な商品券などを換金する場合は店頭買取になりますので現金を手渡しで受け取ることになりますが、携帯決済現金化はすべての手続きを対面することなくインターネットで手続きをできるということから現金化された買取代金を銀行振込にて送金されます。

 

従って銀行口座がなければ現金化されたお金を受け取ることができないことになります。

 

誰もが財布のなかに銀行のキャッシュカードは入っており常に所持しているものです。
一般的な生活を送っている方であれば誰もが銀行口座を利用しているのが常識だと思います。

 

代金を振り込む金融機関の種類はどこでも可能ですが都市銀行や地方銀行、信用金庫よりもインターネットを利用するネットバンクの方が利便性が高いとされています。

 

普通銀行への振込となりますと銀行が営業している時間内でなければ反映されません。
普通銀行の営業時間は平日の午前9時から午後3時までとなっていますのでそれ以外に振込手続きを行っても翌営業日の営業時間内に振込が反映されることになります。

 

例えば、午後6時に仕事が終わり携帯決済現金化に申し込みをします。どうしても今日中にお金が必要だったのですが持っている銀行口座は近くの地方銀行と信用金庫のものしかありませんでした。

 

すぐに手続きはできたのですが15時以降は翌営業日扱いの振込となるため当日中の入金は叶いませんでした。

 

これまで銀行の営業時間は午後3時までというのが常識となっていましたが、近年では土日祝日でも24時間即座に振込が反映されるネットバンクが登場しいつでも銀行振込が利用できるようになったのです。

 

条件としては同じネットバンク間の送金でしか24時間反映されません。
つまり、携帯決済の現金化業者が提携しているネットバンクがあれば土日や夜間での利用でも即日現金化することが可能なのです。

 

そういった意味でもこれからの時代はネットバンクの需要が高まってくることは確実であり現金化の振込先としてもネットバンクの方がはるかに利便性が高いといえます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

携帯キャリア決済現金化の関連ページ

スマホでお金を作る最強のメリットを徹底解説!
スマホでお金を作る方法である携帯キャリア決済についてお話します。この方法なら誰でもカンタンに即日現金を手に入れることができますので、お金が無い方、困っている方はぜひご覧ください。
キャリア決済現金化の仕組み
携帯・スマホがあればカンタンにお金を用意することができるキャリア決済現金化の仕組みをお話します。これであなたもいつでもどこでもすぐに現金を作ることができるようになりますよ!
携帯決済現金化の支払い
携帯電話のキャリア決済現金化はいつでも短時間でお金を工面することができる利便性の高いサービスですが利用した分を支払わなければなりません。携帯決済現金化の支払いについて解説します。
携帯料金現金化の手続きはメールで完了できるのか、解説してみた
利便性の高い携帯キャリア決済現金化ですが、実は手続きはすべてメールだけでおこなうことができるのです。今回は携帯キャリア決済現金化の手続きについてまとめてみました。
キャリア決済に関する利用規約
利便性の高い携帯決済現金化ですが、実は各携帯会社の利用規約に違反している行為です。そのため、携帯が利用停止になってしまう可能性があるのです。携帯会社の利用規約と現金化の関連性についてお話します。
携帯決済現金化は違法なの?法律から調査してみた
携帯キャリア決済現金化はとても便利なものです。しかし、その携帯決済現金化が違法じゃないのかという疑問が口コミで語られています。はたして携帯決済現金化は違法なのでしょうか?法律の観点から調査してみました。