スマホでお金を作るメリットと特徴を解説

MENU

携帯電話キャリア決済の現金化が人気なワケ

キャリア決済現金化のメリット

携帯電話のキャリア決済を使用する現金化サービスが急成長しているのはご存知でしょうか?

 

そもそも携帯電話というのは「携帯」常時、所持している「電話」電波を使用して会話をするためのものですが、現代では本来の電話のための通話機能よりもインターネットサービスやアプリなどが主要機能となっている傾向にあります。

 

最近では大手キャリア以外の低料金で携帯電話を利用できる格安スマホも登場しさらに業界は活性化しつつあるようにも感じられます。
この格安スマホのなかには通話機能のない携帯電話もあり、もはや電話の域を超えた「ケータイ」という画期的なモバイル機器と進化しています。

 

携帯電話自体の性能も日々向上しておりますが、それだけではなく各キャリアも携帯電話を使用するさまざまなサービスに注力しています。

 

携帯電話料金を支払った金額よって貯まるポイントでコンビニやファーストフードで使えるクーポン券と交換できたり、電気代も合わせて支払えるようになったりと幅広い分野でキャリアのサービスを利用する機会があります。

 

こういったことから携帯電話やスマートフォンは多くの方の生活の一部としてなくてはならない存在へとなりつつあります。

 

 

そんな今では小学生から高齢者まで誰もが所持している携帯電話ですが、これをさらに利便性を高めるサービスとして注目されているのが携帯キャリア決済の現金化サービスです。

 

誰もが持っている携帯電話には買い物をすることができるキャリア決済という機能が必ずあります。
このキャリア決済を使用し現金化することができるサービスが人気急上昇中なのです。

 

では、なぜここまでキャリア決済の現金化が人気なのでしょうか?

 

これまでお金を工面するための方法というのは銀行や消費者金融から融資を受けるのが一般的な方法でした。
お金を借りるためには必ず審査があり収入や状況によっては融資を受けることはできません。

 

クレジットカードを発行する際にも同様に審査があり過去の借り入れ履歴や勤務状況によっては審査は通りません。

 

今の世の中、収入や信用がない方にはお金を工面するための方法はほとんどないのが現状なのです。

 

そんな現代の風潮のなか革命ともいえるこれまでの常識を覆した斬新なサービスが携帯キャリア決済の現金化サービスなのです。

 

これまでの資金調達方法とキャリア決済現金化の何が違うのかといいますと、携帯電話さえ持っていれば審査もなく利用することが可能という最強のメリットがあるのです。

 

これまで消費者金融などでお金を借りることのできなかった

  1. 家事手伝いや専業主婦の方
  2. 過去に返済を遅延しブラックリスト入りした方
  3. 自己破産や債務整理された方
  4. 休職中や無職で収入のない方
  5. クレジットカードの返済が遅れている方

などの収入面や信用に欠けるような方でも携帯電話の料金を払っていれば誰にでもお金を工面することができるのです。

 

類似した業務内容となるクレジットカードのショッピング枠現金化ではクレジットカードの所有者のみが利用の対象となりますが、それと比較すると対象者の数は断然携帯電話を所持している方が圧倒的に多いのは言うまでもありません。

 

この審査不要で誰にでも簡単に利用できる携帯キャリア決済の現金化が次世代の金融サービスとして定着していくことは間違いありません。


携帯電話キャリア決済のデメリット

キャリア決済現金化のデメリット

審査不要で簡単・即日で利用できる非常に便利な携帯決済の現金化サービスですがメリットだけではなくデメリットも存在します。

利用した代金の返済

まず、携帯決済で購入した代金を後払いで支払わなければならない点です。

 

例えば初めてスマホでお金の現金化サービスを見つけキャリア決済を5万円利用したとします。

 

このキャリア決済というのはクレジットカードのような機能ですのでその代金を後払いしなければなりません。
決済を利用した翌月の請求に通常の携帯電話料金加え5万円が加算されることになります。

 

この料金の支払いを怠ってしまえば携帯電話は使用できなくなりキャリア決済も利用することができません。

 

それを回避すべく再度キャリア決済を現金化しますと、翌月の請求も同じようになりもうそのループから抜け出すことは困難な状態に陥ります。

 

手軽にできる資金調達方法として便利なサービスですが計画的に利用しなければ生活の負担となる場合もあるのです。

 

しかし、サービスを利用した時は買取代金を受け取っており、そのお金を有効に使った代償なので当然の義務でもあります。

 

従ってギャンブルなどの計画性のないものに現金化サービスを使用することは無謀な行為といえるでしょう。

 

キャリア決済を使用した分の金額よりも目減りする

キャリア決済現金化はこのサービスを提供する以上、その会社の運営費や人件費などがかかるため収益がなければ営業を続けることはできません。

 

そのため決済をした金額から数%差し引かれた買取代金が振り込まれることになります。
この割合を換金率と表記されています。
決済額から買取代金を差し引いた金額をユーザーは負担し返済しなければなりません。

 

お金を借りるわけではありませんが支払いをしなければ利用することができなくなるリスクがあります。
そのため支払いができなくなるような無理な金額を利用することは控えましょう。

 

携帯キャリア決済現金化にも確かにデメリットはありますが常識として利用した代金をきちんと支払いすれば何の問題もありません。
そのため法律に違反するような危険性はありませんので計画的に利用すれば利便性に優れたサービスなのです。


このエントリーをはてなブックマークに追加

携帯キャリア決済現金化の関連ページ

キャリア決済現金化の仕組み
携帯・スマホがあればカンタンにお金を用意することができるキャリア決済現金化の仕組みをお話します。これであなたもいつでもどこでもすぐに現金を作ることができるようになりますよ!
携帯決済現金化を利用するために必要なもの2つをご紹介
携帯決済現金化は携帯料金を現金に換金する方法ですが、携帯だけあれば利用できるというワケではありません。実は利用する前に用意しておかなければならないものがあったのです。携帯決済現金化に必要なもの2つをご紹介します。
携帯決済現金化の支払い
携帯電話のキャリア決済現金化はいつでも短時間でお金を工面することができる利便性の高いサービスですが利用した分を支払わなければなりません。携帯決済現金化の支払いについて解説します。
携帯料金現金化の手続きはメールで完了できるのか、解説してみた
利便性の高い携帯キャリア決済現金化ですが、実は手続きはすべてメールだけでおこなうことができるのです。今回は携帯キャリア決済現金化の手続きについてまとめてみました。
キャリア決済に関する利用規約
利便性の高い携帯決済現金化ですが、実は各携帯会社の利用規約に違反している行為です。そのため、携帯が利用停止になってしまう可能性があるのです。携帯会社の利用規約と現金化の関連性についてお話します。
携帯決済現金化は違法なの?法律から調査してみた
携帯キャリア決済現金化はとても便利なものです。しかし、その携帯決済現金化が違法じゃないのかという疑問が口コミで語られています。はたして携帯決済現金化は違法なのでしょうか?法律の観点から調査してみました。