携帯電話のキャリア決済を利用するには各キャリアのアカウントが必要

MENU

携帯電話のキャリア決済はすぐに利用可能なサービス

キャリア決済はアカウントが必要

携帯電話のキャリア決済現金化サービスの最大の特徴と言えるのが誰もが所持しているスマートフォンや携帯電話があれば審査不要でブラックな方や自己破産された方でも利用することが可能という点です。

 

この特徴はこれまでの金策方法とされていた消費者金融やクレジットカードよりも遥かに多くの方が利用することができるサービスということになります。

 

では、手元にスマートフォンがあるがどのようにすればキャリア決済を使用することができるのでしょうか?

キャリア決済を利用するためには審査などはありませんがキャリアのアカウントを取得する必要があります

携帯キャリアのアカウント

携帯電話を持っているだけではキャリア決済を使用することはできません。

 

携帯電話を購入する時はキャリアのショップで契約の手続きを行いますが、これとキャリア決済のために必要なアカウントとは異なります。

 

従って、携帯電話で通話やメール、アプリのゲームを頻繁に使用している方でもキャリアのアカウントを取得したことがない方は少なくありません。

 

携帯キャリアのアカウントは取得する方法は、

 

どのキャリアでも携帯電話のSMSの認証を利用しアカウントを作成します。

 

手続きの内容はスマートフォンを普通に操作することができる方であれば簡単にでき時間的にも10分もあればすぐに利用することができます。

 

携帯電話のキャリア決済現金化を利用するためには事前にキャリアのアカウントを取得する必要があります。

 


格安スマホではキャリア決済を利用できない

格安スマホのキャリア決済

携帯電話のキャリア決済は各キャリアが提供している携帯電話で利用可能な決済サービスですが、最近よく話題となっている格安スマホや格安SIMなどの大手キャリアとの契約ではない携帯電話でもキャリア決済を利用することはできるのでしょうか?

 

大手キャリアよりも格安で携帯電話やスマートフォンを利用することできる格安スマホは『楽天モバイル』『イオンモバイル』など20社以上の会社が参入しております。

 

大手キャリアの月々の携帯電話料金は平均で7,000円程度かかりますが、格安スマホなら半分以下の3,000円以内で利用できることから大手キャリアにこだわりがない方にとっては安い料金で利用できるとして脚光を浴びております。

 

この格安スマホは安く利用することができる分、大手キャリアが提供しているサービスを利用することができません。
まず、docomoやauの契約者であれば利用できるdocomo.ne.jpやezweb.ne.jpなどのキャリアメールを使用することは不可能です。

 

それとキャリアとの携帯電話の契約もありませんのでキャリア決済も使用することはできないのです。

 

格安スマホの中で唯一、キャリア決済を利用することが可能なのがYmobailのまとめて支払いだけとなっています。
YmobailはSoftBankの子会社なのでキャリア決済を利用することができる3大キャリアに追随する会社ではありますが親会社のSoftBankを超えることはなく廉価版のような印象があります。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

携帯キャリア決済現金化の関連ページ

携帯電話料金の現金化とは?携帯キャリア決済の現金化について
携帯電話料金の現金化はスマホでも利用することができますので、誰でもカンタンに利用することができますよ!今回はスマホの現金化の方法についてお話します。
携帯キャリア決済現金化で購入する商品について徹底解説
携帯電話のキャリア決済は買い物やサービスを利用するためのクレジットカードのような存在ですが現金化するためにはどのような商品を購入するのでしょうか?今回は携帯キャリア決済現金化で購入する商品について徹底解説しました。
キャリア決済でのキャッシュバック
クレジットカード現金化では現在でもキャッシュバックサービスによる方法を行っている業者がありますが、携帯キャリア決済現金化でもキャッシュバック特典付き商品を販売する業者はあるのでしょうか?