ソフトバンク携帯決済まとめて支払いの現金化方法

MENU

大手キャリアで唯一Amazonギフト券が買えないソフトバンク

ソフトバンク携帯決済現金化方法

 

現在、日本国内の携帯電話はキャリアはドコモ、auに加えてソフトバンクの3大キャリアによって構成されています。

 

携帯電話を購入する際にはどのキャリアを利用した方がよいのかを悩む方は少なくないでしょう。

 

見る人からすれば「どのキャリアもそう変わらない」と思うかも知れません。

 

確かに各キャリアによって一見、大きな違いはなさそうに感じられますが、実は要所要所で異なる点も少なくないのです。

 

日本国内ではapple社製のiPhoneが大人気となっており、iPhoneユーザーはかなりの数が存在します。

 

大手キャリアのなかで日本で始めてiPhoneの取り扱いを開始したのがソフトバンクであり、iPhoneを手にしたい多くのユーザーは他のキャリアから次々とソフトバンクに乗り換えたのです。

 

そのため今でもiPhoneユーザーにはソフトバンクとの契約している方が多くなっています。

 

ではこのソフトバンクの携帯決済まとめて支払いにはどのような特徴があるかご存知でしょうか?

 

ソフトバンクは日本で最初にiPhoneを発売したように、国内キャリアで初めてアマゾンギフト券をキャリア決済で購入できるようになった会社なのです。

 

2015年8月よりソフトバンクのホームページから携帯決済によってアマゾンギフト券が購入可能になりました。

 

まだ当時は他のキャリアではそのような動きはありませんので、唯一ソフトバンクのまとめて支払いだけがアマゾンギフト券を買えたのです。

 

つまり現在の携帯決済現金化の定番ともいえるアマゾンギフト券の購入をソフトバンクが率先して行いました。

 

ところがソフトバンクは開始から1年もしないうちにアマゾンギフト券の販売を一時メンテナンスと称し実質的には終了してしまったのです。

 

そして現在でも再開されることはなく、もはや過去ののものとなりつつあります。

 

さらにソフトバンク内ではなく携帯キャリア決済でアマゾンギフト券の購入が可能なPINCOMでも同様に、まとめて支払いでのアマゾンギフト券は購入ができなくなりました。

 

したがって現在のソフトバンクの携帯決済ではアマゾンギフト券を購入する方法はなく現金化するのには適していないとされています。


PINCOMでアマゾンギフト券が買えないソフトバンクの携帯決済現金化

ソフトバンク携帯決済現金化方法

 

最近では「携帯キャリア決済の現金化」という言葉も定着しており、毎月多くのユーザーがPINCOMで販売されているアマゾンギフト券を携帯決済で購入しています。

 

2017年になりPINCOMではアマゾンギフト券での現金化を抑制するために

  1. メールアドレスドメイン制限
  2. メールアドレス与信

という2つの制限を始めました。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

携帯キャリア決済現金化の関連ページ

ドコモケータイ払い現金化の方法
ドコモケータイ払いでも現金化は利用することができますが、具体的な方法はどのようなものなのでしょうか?ドコモケータイ払いでの現金化についてお話します。
今さら聞けない!auかんたん決済の使い方について
携帯キャリア決済現金化を利用するときにかかせないauかんたん決済ですが、その使い方を詳しく理解していますか?そんな今さら聞けないauかんたん決済の使い方と特徴をお話します。